データ復旧TOP RAID(NAS/サーバー)データ復旧一覧 RAIDの再構築(リビルド)とは

RAIDの再構築(リビルド)とは

目次

  1. RAIDのリビルドとは
    1. ホットスペア
  2. リビルドを行う際の注意点
    1. ディスクの入れ替え順を間違えない
    2. ディスクを単体で起動させない
    3. RAIDカードの交換には注意
  3. リビルドとデータ復旧の違い
  4. リビルドが出来ない場合の復旧方法
    1. データ復旧業者へ依頼するという一択

RAIDのリビルドとは

RAIDを構成しているディスクが故障した場合でも、その他のディスクが故障する前に故障したディスクを交換すれば、RAID内のデータが再構築され、本来故障したディスクにあったデータを元通りに修復する事が出来ます。
この処理のことをリビルド処理と言います。

ホットスペア

RAID構成をしているディスクの内、いずれかのディスクの故障に備えて通常は使用していないが稼働状態でスタンバイしているディスクを確保しておき、通常使用しているディスクが故障した時に、自動的に故障したディスクの代わりに動作を開始するディスクの事をホットスペアドライブといいます。

ホットスペアドライブは、いつでも切り替えが出来るようにスタンバイしており、いずれかのディスクが故障した時にRAIDコントローラが故障したディスクを論理的に切り離し、ホットスペアドライブを起動させます。

故障したディスクを交換後、再度リビルド処理が発生し、ホットスペアドライブからオンラインに移っていたディスクを再度ホットスペアに戻す事をコピーバックと言います。

リビルドを行う際の注意点

RAIDを構成し、パリティを分散保存していても状態によってはマニュアル通りに故障したディスクを交換しただけで全てのデータを失ってしまうこともあります。

ディスクの入れ替え順を間違えない

RAID構成されているディスクが故障してリビルド処理を行う場合、入れ替え順を間違えないようにする事が重要です。ディスクの入れ替え順を間違えてしまった場合、誤った構成情報でデータが上書きされてしまうので、データの復旧は困難になります。

ディスクを単体で起動させない

複数のディスクでデータを分散保存している場合、構成されているディスクのうち、ひとつだけPC等につないでもデータは見れません。データが見れない上に、接続したPCから「フォーマット」を促され、うっかりフォーマットをかけてしまったら、データの復旧は困難になります。

RAIDカードの交換には注意

RAIDカードのトラブルでRAID構成を認識できなくなる場合があります。互換性のあるRAIDカードと交換すれば問題ないのですが、RAIDカードはとても特殊なものが多く、互換性のあるものを探すにはかなりの専門知識が必要となります。RAIDカードの交換はリスクの高い作業ですので専門家への相談をお勧めします。

リビルドとデータ復旧の違い

一般の方がRAIDを構築出来たからといって、RAIDのデータ復旧を行えるかというと、まず不可能です。リビルドとデータ復旧はまったく別の技術です。いたずらにデータ復旧を行う行為は、データを復旧できる確率を著しく低下させるだけであり、仮に専門業者に依頼して運良く復旧出来たとしても、その料金は驚くほど高額になってしまうことが殆どです。自分で被害を広げるような行為となりますので、早い段階でご相談ください。

リビルドが出来ない場合の復旧方法

データ復旧業者へ依頼するという一択

マニュアル通りリビルド作業を行ったもののリビルドが出来なかった場合、どうしても中のデータが必要であれば、データ復旧業者に依頼しましょう。他に選択肢はないと思ってください。中のデータが絶対に必要な方ほど、ご自身でデータ復旧ソフトなどを使ってデータの復旧をしようとします。簡単な症状であれば復旧も出来るのかもしれませんが、RAID構成になるとリスクが高すぎます。早い段階でご相談ください。